見えない市場という相手を感じること

取引をしている時というのは常にパソコンの画面に映っているレートとチャートを見ているのですが、そもそもその動きはどうやって決まっているのでしょうか?通貨の買い手と売り手による売買の成立の結果が表示されていることは確かですが、どうしてそう動くかのを説明しようとすると意外と簡単ではないのですが、一言でいえば「市場に参加しているトレーダーたちの心理や思惑の結果」がレートになっているのです。
ご存知かもしれませんが、私はアダム・スミスが言っていた「神の見えざる手」というものを肌身をもって感じながらFXをやっています。この見えざる手というのは市場での価格形成のメカニズムを表しています。人間の利己心による自由競争が「生産と消費」を過不足のない状態へと自動的に導くことが見えざる手と言われています。FXに当てはめれば、「トレーダーの心理・思惑が集まる為替市場において成立される売買によってレートが自動的に決められる」といった感じでしょう。
為替市場に参加して高い勝率をキープするには、単にパソコンに映し出される結果を眺めながら、全てが後付けである結果からレートが上がるのか下がるのかを分析しているだけではだめなのです。多くの心理・思惑=大衆心理を先読みしながらこれからこうレートが動くと予測しなければならないのです。
今回はこの辺で終わります、肝心なポイントはすみません、長くなるので自分で調べてみてください。FXでいう大衆心理についてはほかのサイトでも書かれていますが、私が参考にしたサイトはこちらです、ぜひ読んでみてください。